*

外人ダンサーズのエジプト生活とは?その華やかな舞台裏に潜入。

きらびやかな巨大エンターテイメント施設、Genena City(まだ半分以下しかテナント入ってないけど)ですが本日はその裏側に潜入。

実は同施設内に社宅群を始めいろいろ入ってるのです。さすが一応Cityを名乗るだけある・・・。

ショッピングモールにスーパーマーケット、ショーステージ2つ、レストラン&カフェ、アイススケート、映画館、習い事スタジオ、博物館、ビリヤード場にボーリング場まであり。

いろんなドリームを詰め込んだはいいけど来客が少なすぎてイマイチ稼働してないのが、見切り発車がお得意なエジプトっぽいですが。

sponsored link

こちらがNaama Bayから続く裏エントランス。裏のくせにド派手。
IMG 2975

ずらっと並ぶのは社員寮。大体2LDKに4人住むのがデフォルトです(エジプト人ダンサーの寮はもっと密度が濃かったりする)。
IMG 3099

ウクライナダンサー女子寮をちょろっと拝見。やはりブラウン管テレビの上の生首こわい。
IMG 3104

ガステーブルがなく火が使えないのが難点のキッチン。オーナーへのしつこいリクエストにより最近冷蔵庫ゲット。
IMG 3102

駐車場の一角にある練習スタジオ。結構広い。
IMG 2977

華やかなステージの裏では地道な努力あり。

Genena内の社宅は料理ができない&観光客向けのレストランが中心のエリアゆえ、ダンサーや直雇用セキュリティ等のスタッフ向けに作られた社員食堂があります。

夜は午前1時〜2時のみオープン。遅っ。
IMG 2980

ビュッフェ形式で品数は少ないとはいえ意外と豪華な感じ。
IMG 2981

私もごくたまに配給にあやかります。この日はチキン&モロヘイヤ&ご飯、というラッキーな日。無料にもかかわらずノーチェックだけど大丈夫?

朝食・昼食もあるらしくうらやましい〜と思いきや、毎日同じようなメニューの繰り返しで飽きるとのコト。エジプト人、毎日代わり映えしなくても平気だから・・・。確かにエジプト人作の塩・油多め・味付けはほぼ同じご飯連投はキツい。

IMG 3107

こんな、ハズレ感丸出しのメニューの時もある。ソーセージの炒め物とトマトソースがちょろっとかかったマカロナのみ。悲しい。

ビュッフェの料理がなくなっても「それで一度問題になったから、また追加されるよ」とのこと。
問題・文句が起きるたびに微調整するエジプトの福利厚生。いや、福利厚生あるだけマシかも。あんま聞いたコトないです。

ご飯を食べたウクライナダンサーズは「これからNaama Bay のクラブに行くの〜」と夜の街に消えていきました。

出稼ぎ、というより給料は安くても衣食住が保証されてる他国に期間限定(彼女たちは半年契約)バケーション感覚で来ているようで。日本にもそういうモデルさんが六本木で遊んでるイメージ。白人の需要は世界中で高い。

ただしココはエジプト。契約内容でもめるのは日常茶飯事・・・。彼女たちが何事もなく滞在を楽しめるのを祈るばかり。
サラーム♥︎

sponsored link

関連記事

ベリーダンス雑誌で連載スタート。衣装にはそのままその人の人生が反映されてる説。

日本国内唯一のベリーダンス専門雑誌、ベリーダンスジャパン。 私、自慢ですが創刊号からの愛読者(現在

記事を読む

CMの時音がデカくなるとか、昭和?テレビッ子なエジプト人。

この感覚・・・うっすら覚えてるんですよ。   TV観てて、CMに入ったとたんや

記事を読む

悪意ある人為的な停電。ピッキング能力あればエジプトで便利な予感。

エジプトは停電が多いです。   電力不足のため、エリアごとの計画停電(しかし事

記事を読む

カイロでベリーダンスショー鑑賞するならココはどう?パート3

エジプトのナイトクラブ・・・ そこは煙たく薄暗く、リアルに札束が舞い、娼婦が闊歩しベリーダンサーが

記事を読む

エジプトのフォークロアショー再び。獅子舞ならぬおじさんが跳ねる

ドバイ帰国後その足で、またまたバローン劇場に行ってきました。 本日は前回のマフムード・レダ舞踊

記事を読む

カイロでベリーダンスショー鑑賞するならココはどう?パート1

ちょっと前に行ったベリーダンスショーのレストランがかわいかったのでご紹介♥︎  

記事を読む

Naama Bay のさらに奥へ。日本でもおなじみのお店とかベリーダンスとか。

エントランスのカフェ群を抜けると、まだまだエジプシャンなカフェはありつつも外資系のお店が並びます。

記事を読む

エジプシャンベリーダンス界のスーパースターであり女帝。2016年初Dina編。

Soraiyaが退場すると、間髪いれずDinaのミュージシャンが準備し始めます。 (基本ベリーダン

記事を読む

まんまと痴漢にあい、地味に対決。エジプト女1人旅に必要なスキル。

エジプトの悪名高き存在…痴漢。 外人は奔放だから何してもOKとか、男は目の前の欲望に弱いものだ

記事を読む

世界各国の美女が揃いぶみ。ナイルグループフェスティバル in カイロ!

エジプトで開催される大きなベリーダンスフェスティバルの一つであるナイルグループ。年4〜5回の開催の中

記事を読む

ad

sponsored link

サイト内検索

  • エジプト生活ネタをつぶやいてます。
    ブログより更新頻度高いです(でもブログにするほどじゃないネタばかり...)フォローミー♥︎

  • にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
    にほんブログ村

    上記バナーを1押ししていただくとランキングに反映、各デバイス(PC・スマホ等)から1日1回有効です。
    「おお・・・読んでもらえてるのか・・・」と更新の励みになっています♥︎

    • ♥︎Yumiko Aboud♥︎

      ♥︎2008年より渋谷のベリーダンススタジオ・ベリーダンスショップ主任。衣装のバイイングでエジプトに通い始め、29回渡埃。たまにイスタンブールやドバイにも出張。
      2014年11月よりエジプト人との婚約(ダラダラしてたら周りに怒られはじめ2017年2月にようやく結婚)を機にエジプト移住。
      現在もバイヤーの仕事をメインに、日本でのベリーダンスイベントのオーガナイズ業に関わる。
      季刊誌「ベリーダンスジャパン」にて「コスチュームブランドストーリー」を連載。

      ブログ「♥︎かわいいエジプト生活♥︎」では、「古代エジプトにも遺跡にも大して興味ないフツーの日本人女子がなぜかエジプトで暮らすコトに」視点で
      エジプトのかわいいモノたちをご紹介。

      趣味はスピリチュアル、オーガニック食品、マッサージ、旅。最近のエジプト生活でのハマりモノはエジプト香油とフライデーブランチ。

      ♥︎連絡先:yumipan21@gmail.com

PAGE TOP ↑